かつて日本では少なかった前立腺がんが、大変な勢いで増えている。

もともと高齢者の病気だったが、最近は40代で発症する人も多いという。

トマ卜や大豆など、予防効果が確認されている食品を積極的に食べよう!

前立腺って?

前立腺はクルミほどの大きさ。

跨脱のすぐ下に、尿道を取り囲むような形で付いている男性だけの器官だ。

そこから分泌される前立腺液は精液を作るためにも必要だが、亜鉛が多く含まれ、殺菌作用も強い。

「のどの扇桃腺は雑菌が胃や肺に入らないようにしている原始的な免疫器官。

同じく、前立腺は大切な皐丸を守っている」と、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の堀江重郎教授は説明する。

お蔭で男性は尿道から少しくらい雑菌が入っても跨脱炎を起こすことは少ない。

前立腺肥大症といって、年を取ると前立腺が肥大することが多い。

中の尿道が圧迫されて細くなることで、オシッコに時間がかかるようになる。

前立腺をクルミと考えると、内部の実(内腺)がふくらむのが前立腺肥大症。

一方、がんは外側の皮(外腺)の部分にできる。

欧米ではとてもメジャーながんで、米国ではがんになる男性のうち、実に3人に1人が前立腺がんだ。

これまで日本では少なかったが、最近になって急増している。

また、かつては70代が中心で高齢者の病気だったが、どんどん若年化が進み、40~50代でなる人も増えているという。

現在、日本人男性が擢るがんのうち、肺がん、胃がんに続いて前立腺がんは第3位。

前立腺がんで亡くなる人も1995年は5399人だったが、毎年確実に増えており、2009年に1万人を突破。

2020年の患者数は1995年の6倍以上に増え、胃がんを抜いて第2位に上がるのは確実と見られている。

堀江教授は「原因は食生活の欧米化にある」と指摘する。

最近の研究から、前立腺がんと乳がんは動物性脂肪の摂取量と密接な関係があることがわかってきた。

牛乳よりもトマトと大豆を!

ダイエットの意識が高い日本では、摂取カロリーと穀類の摂取量が年々減っている。

その一方、脂肪の摂取量だけが増え続けている。

「特に気をつけたいのが牛乳。コップ1杯の牛乳にはベーコン5枚分もの脂肪が含まれる。ヨーグルトやチーズなどの乳製品も同じこと。40歳を過ぎたら低脂肪牛乳に代えるべき」と堀江教授は注意する。

実際、国立がん研究センターによる約4万3000人の追跡調査からも、「乳製品の摂取が前立腺がんのリスクを上げる」ことが確認されたという。

欧州諸国の中でも特に前立腺がんが多いのはスイス、ノルウェー、スウェーデンなど。

酪農が盛んで、乳製品をはじめ、脂肪摂取量の多い国だ。

同じ欧州でも、ギリシャなど南欧の国は前立腺がんが少ない。

堀江教授は「オリーブオイル、魚の油(DHAやEPA)、トマト、大豆、緑茶などは医学的に予防効果が認められている。インド人に前立腺がんが少ないのはカレーを食べているからだと思われる。カレーに入っているウコンにはクルクミンという成分が含まれていて、前立腺がんを防いでくれるから」と話す。

堀江教授らは、このクルクミンが前立腺がんのマーカーであるPSA(前立腺特異抗原)を下げると発表している。

食品の調査で最もはっきりと結果が出たのはトマトだ。

有効成分ははっきりと特定されていないが、リコピンなど抗酸化成分が多いからではないか、と推測されている。

同じイタリアでも、トマトをよく食べる南部は前立腺がんが少ない。

「40歳を過ぎたら、塩分無添加のトマトジュースを1日1本飲む習慣をつけるといい。私自身も実行している」と堀江教授はアドバイスする。

大豆に含まれているイソフラボンは、腸内細菌の作用で発がんを防ぐエコールに変わる。

味噌や納豆のように発酵させたものより、枝豆や豆腐のほうがいいという。

アブラナ科の野菜にも予防効果がある。

具体的にはブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、小松菜、カブ、大根、ワサビなど。

南米の強壮剤として有名なマカもそうだ。

これらアブラナ科の植物にはイソチオシアネートという辛み成分が含まれていて、これが抗がん作用を持っている。

ストレスフリー、生活習慣改善でリスクがぐんと低くなる

がんは生活習慣病のひとつとも呼ばれるように、食生活の改善や運動によってリスクを低くすることができる。

前立腺がんだって例外ではない。

ピル・クリントン元米国大統領の主治医も務めたディーン・オーニッシュ氏が興味深い報告をしている。

食事の改善、運動、ストレスマネジメントからなる生活改善プログラムを作り、一部の前立腺がん患者に実行させた。

2年後、何もしなかったグループでは27%の人でがんが進行したのに対し、プログラムを実践したグループではわずか5%の人しか進行しなかったというのだ。

この結果、「食事や運動などの生活習慣によって遺伝子発現が変わる、つまり前立腺がんに関する遺伝子のスイッチが切り替わることがわかった」と堀江教授は補足する。

動物性脂肪のとりすぎのほかにも、前立腺がんのリスクを高めるものはある。

ストレスによる交感神経の緊張、高血糖、肥満、喫煙はいずれも体内の活性酸素を増やし、がんをできやすくする。

一方、前立腺がんを防ぐのは、動物性脂肪と塩分を控えた栄養バランスのいい食事、適度な運動、禁煙、節酒、ストレスをためないことなどだ。

かつて「高齢者の病気」と言われた前立腺がんに40代や50代でなってしまうのは、それだけ体の老化が進んでいる表れにほかならない。

前立腺がんにならない生活は、すなわち、いつまでも若さを保ち続ける生活でもある。