マカエンペラーで精力アップをお考えの方は、まず精力減退によって体にどんな弊害が出てくるのかを詳しく知る必要がある。

精力減退が男性ホルモンを低下させる原因になるが、じつは男性ホルモンが低下すると動脈硬化になる可能性が上がってしまうのだ。

そうすると身体には様々な危険が出てきます。

ここではそんな精力減退と動脈硬化の関係性と動脈硬化が引き起こす症状などについてご紹介していきます。

精力増強にはマカエンペラーです。

是非この記事の内容を詳しく知った上でマカエンペラーで精力増強に取り組んでいってくださいね☆

 

男性ホルモンが減ると、血中脂肪や内臓脂肪が増える相関関係。

健康診査などでおなじみの中性脂肪。

コレステロールと並んで健康の大敵といわれるくらい有名だが、男性ホルモンとの関係を知る人は少ないだろう。

じつは男性ホルモン値が低くなると、中性脂肪の値が高くなる傾向が見られるのだ。

私のクリニックに来る患者さんであるAさん(37歳)もそのひとり。

IT企業で働くバリバリの営業マンだが、最近、疲れやすいといって来院した。

血液検査を行うと中性脂肪の数値が2000という驚くべき結果が出たのだ。

中性脂肪の正常値は上限でも149。Aさんの数値は、じつにその10倍以上の高値だ。「いままでの健診では見たこともない値だ」とがく然とするAさん。

さらに男性ホルモン値は、30代なのに60代の男性ホルモン値を下回る低い数値だった。

じつはAさんのような患者さんはけっして少なくない。

男性ホルモンが減っている患者さんは、やはり中性脂肪が高値を示すのだ。

その理由はつまり、中性脂肪やコレステロールは男性ホルモン(女性ホルモンも)など性ホルモンの材料であり、男性ホルモンが減少すると、中性脂肪やコレステロールの代謝が落ちて、内臓脂肪が増えるのだ。

逆にいえば、男性ホルモンを減らさないようにしたり、増やすことで中性脂肪やコレステロールの代謝量が増えて、内臓脂肪の解消やメタボの改善にもつながる。

中性脂肪とコレステロールの働き

そもそも中性脂肪もコレステロールも体には不可欠の成分である。

生体維持のためのエネルギーとなったり、男性ホルモンや女性ホルモンの材料として使われたりする。

中性脂肪が不足すると元気がなくなり、活動が鈍化したり老化を早めたりするのだ。

中性脂肪は、増えすぎれば体に害を及ぼすが、そうでなければエネルギー源として体に貯蔵され、いざというときに備えている。

つまり、いったん食料不足とか飢餓といった異常事態が起とると、体にため込んだ中性脂肪を使って生き延びようということだ。

この貯蔵システムは、いわば人間の進化の過程で獲得されたものといえる。

ところが、いまは食べるものに事欠かない時代である。

過食や飽食によって中性脂肪を必要以上に体にため込み、健康を害してしまう始末だ。

中性脂肪やコレステロールの値が高い人は、放置しておくと肥満に結びつく。

運動不足はもちろん、食べ過ぎ、飲み過ぎなど、生活習慣の乱れがそれらの原因となり得る。

精力減退が心筋梗塞や脳卒中を招く?

男性ホルモンが減少すると、中性脂肪やコレステロールの代謝が落ちて、内臓脂肪が増えるとご紹介しましたが、そうすると中性脂肪やコレステロールが体内に増えることとなってしまいます。

中性脂肪やコレステロールといった脂質の異常は、放っておくと血管(動脈)が厚く、硬く、もろくなるといった動脈硬化を進め、脳卒中や心筋梗塞の原因となる。

脳卒中や心筋梗塞は、若い人はならないという誤解があるようだが、最近は動脈硬化の若年化が進み、30~40歳代で心筋梗塞や脳卒中を発症する人も珍しくない。

2011年にはサッカー元日本代表の30代の男性が心筋梗塞で急死し、2013年には40代の女優が軽度の若年性心筋梗塞で入院したことは記憶に新しい。

また、2013年30代の女性アナウンサーが軽度の脳卒中と診断されて注目を集めた。

自分の健康管理も満足にできない男に仕事は任せられないといった評価を下されないためにも、動脈硬化につながる中性脂肪やコレステロールの数値は無視できない。

常にベストコンディションで働くためには、中性脂肪やコレステロールと関係が深い男性ホルモン値を維持、管理することが大事だ。

そのためにも是非マカエンペラーを使用してみてほしい。