精力増強に効果的と話題のマカエンペラーですが、

精力アップにはマカエンペラーを飲むだけでなく様々な事に気をつけて行きたいところです。

この記事では精力減退とストレスについてお話ししていくと共に、誰でも簡単にストレスを軽減できる方法についてもご紹介していきます!
 

精力減退の要因、ストレスを侮るな

ストレスが精力にとってマイナスに働くことは、有名な話ですが、精力のみならず、体の健康を維持していく上でもストレスは非常なマイナス要因となります。

直接的に襲いかかる病気としては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあり、精神的プレッシャーから過度のストレスを生じると、たった1日でも胃に穴が空いてしまうことがあるのです。

その他にも、直接的間接的に様々な病気の要因となっています。

ストレスは目に見えないので、どうしても軽視しがちですがストレスを溜めたままでいることは、非常に危険だということを自覚する必要があります。

しかし現代病の最たるものであるストレスは、現代社会の様々な環境が生み出した産物ともいえその意味ではストレスを溜めないようにするのは、非常に大変なことなのも事実です。

特に日本では、狭い住宅事情、職場環境、密集する人口などストレスを引き起こす環境が揃いすぎているといっても過言ではありません。

日本人はマウスと同じ!

ある実験では、狭い箱の中にマウスをぎゅう詰めにしてエサだけを与え1週間放置したところほとんどのマウスが胃潰瘍を患っていたというのです。

さながら、私たち日本人は、この実験のマウスと同じような環境に置かれているのではないでしょうか。

通勤時の満員電車をみたら、もっとひどい状況かもしれません。

満員電車の乗客たちは常にイライラして怒りっぽくなっています。

さらに人間は、金銭欲、物欲、名誉欲や見栄などがあり、これらの欲求が満たされないとストレスを感じてしまうのです。

このようにストレスは現代に生きる私たちに否応なく襲いかかります。

ストレス解消には「なにもしない」も一つの手

しかし、ストレスも日常生活のちょっとした心がけで、軽減したり解消することが可能です。

たとえば、一つのストレスの解消法としては、常日頃から、広い景色を眺めるようにすること。

ほんの5~10分でもいいので、ただボォーと眺めるのです。

自宅や事務所のまわりで見えなければ、どこかのビルや建物の上にいってみてはどうでしょう。

また、休日は、できるだけ海や山、川などへ出かけるようにして、自然の中に身を浸すとともに、広大な風景を眺める機会を持つようにすべきです。

職住往復だけの日常では、視界が狭まっているので、心も狭くなってしまいます。

広々とした景色を眺めることで、視野を広くしてやると、心も広くなっていくのです。

ちょっと一休み・気楽に行こうよ

先日、出張で新幹線を利用した時に、広大な田園風景が続いていました。

私はしばらくの問、なにげなく眺めていたのですがふっと我に返るととても清々しい気分になっていたのです。

よく電車の中で、新聞や本を読んでいたり、仕事の書類に目を通している人を見かけますが、窓の外に見える景色をただ眺めるといった時間も持ってはいかがでしょうか。

移動時間であっても、何もしないというのは、時間を無駄にしていると感じてしまう人が多すぎます。

現代人は、特に日本人には、無駄な時間こそ、心のリフレッシュと精神をリラックスさせストレスから身を守るために、最も必要なのではないでしょうか。

「テイク・ア・ブレイク(ちょっと一休み)」「テイク・イット・イージー(気楽にいこうよ)」です。