マカエンペラーで精力増強を考えているなら精力減退とメタボの関係性も改めて知っておくべきだ。

実は精力減退とメタボには密接な関係性があり、メタボになることで失うものもたくさんある。

ここではそんなメタボが原因で起きる体面以外でのデメリットを紹介していきます
 

だらしないカラダは、出世競争から落ちこぼれる。

「人の第一印象は、初めて会ったときの3~5秒で決まる」メラビアンの法則によるものだそうだ。

人は見た目で相手を判断することが多い。

同法則でも視覚情報による影響は55%だ。

『人は見た目が9割』(新潮新書)という本はベストセラーにもなった。

見た目は思っている以上に大切なのだ。

メタボは健康を大きく損なう病気だが、お腹が出ている、太っているといった見た目の問題も、ビジネス上の障害になりかねない危険をはらんでいる。

成人の3割以上が肥満といわれる肥満大国のアメリカでは、「肥満」であることは即「自己管理ができない人」というマイナスの評価につながるといわれている。

アメリカの企業エリート、エグゼクティブたちは、ストイックに体重、体調管理をしている。

アメリカで「デブ」は出世できないというのは誇張ではないのだ。

日本も同じこと。

どんなに優れたビジネススキルをもっていても、メタボ体形というだけで、「だらしない」→「自己管理がなっていない」→「仕事ができない奴」といった負の印象をもたれてしまうのだ。

外見はプレゼンテーション力や営業力以上に相手に強いインパクトを与えてしまう。

たとえあなたが「できる」人間でも、だ。

一流の男は見た目もおろそかにしない。

メタボによって失う恋愛チャンス

さて、メタボなお腹が不利なのは、ビジネスシーンだけに限らない。

男のメタボ腹に対する女性の評価はまことに辛辣だ。

私が周囲の女性に男のメタボ腹に対して、どのような印象をもつかを聞いたところ、「だらしない腹回りは、恋愛対象外」「太ったお腹は生理的に無理」「暑苦しい、見苦しい」という具合で、まさにいいたい放題なのである。

また、ある雑誌が行ったセックスレスのカップルへのアンケートで、「セックスするムードをじゃまする要素は何なのか」を聞いたところ、女性で圧倒的に目立った回答は、「(相手が)太っている」ということ。

「メタボ腹だと、Hをする気になれない」のだそうだ。

メタボ体型はビジネスのみならず、恋愛競争の中でも不利な立場にいるのだ。

尊敬できる、仕事がバリバリできると思っていた上司が、ある日、上着を脱いだとたんに目に飛び込んできたぽっとりお腹。

思わず目が点になった、というのは珍しい話ではないのだ。

メタボ腹がそれまでの高評価を一瞬にして変貌させてしまった。

メタボと男性ホルモンとの関係性

じつは、このメタボ腹は男性ホルモンと密接な関係がある。

男性ホルモンが低下しているとメタボになりやすく、メタボになるとさらに男性ホルモンが低下するという悪循環が存在するのだ。

その結果、仕事の評価は上がらず、独身者は合コンや婚活の場で落ちこぼれ、妻帯者はセックスレスの危機に見舞われる。二流の男になり下がらないためには、いまこそ男性ホルモンとメ夕ボ腹の悪循環のループを断ち切る必要がある。

そのためにマカエンペラーは有効的なのだ。

しっかりとマカエンペラーで精力増強し一流の男になれるようがんばっていただきたいところです。