精力減退による体の影響は夜の生活だけでなく様々な体の症状へつながります!

高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病。

また、何と精力減退は将来骨粗しょう症をも引き起こす原因になることも!?

マカエンペラーで精力アップをお考えの方にはそういった精力減退で起こる症状についてもしっかりと知っておいていただき、そのうえで精力アップのためにマカエンペラーを使用して、できる男になる為に頑張っていっていただきたいと思います。

 

年をとっても現役の一流の男と、寝たきり老人になる二流の男

「骨粗しょう症」という病名を聞いたことがあるだろうか。

骨粗しょう症とは、骨密度が減少して骨がスポンジのようにスカスカになり、それに伴って骨折するリスクが高まっている状態のことだ。

高齢者の寝たきりになる原因の多くが、この骨粗しょう症による骨折といわれている。

骨粗しょう症を患っている人は、わが国で約1100万人といわれている。

8割が女性、2割が男性だ。

骨粗しよう症は女性の病気といわれるのはこの比率のせいだ。

男性はもともと骨密度が高く、閉経を迎えた女性のようにホルモンの急激な変化にもさらされないので、一般に骨粗しよう症のリスクが少ないとされている。

男性自身も骨粗しょう症に対する関心が低く、「関係ない」という無関心派がほとんどだ。

ただ、ここで知っておきたいのは、男性ホルモンは骨の老化にもおおいに関係しているということ。

男性ホルモン、女性ホルモンといった性ホルモンは骨量の減少を防ぐ効果があるということだ。

つまり、女性は閉経によって女性ホルモンが急激に減少し、その影響を受けて骨粗しょう症のリスクが顕著になるのだが、それと同じことが男性にもあるということだ。

男性の骨粗しょう症も急激に進行することが!?

骨粗しよう症は女性の病気だから男は関係ないと思っている男性がいたら、喝っ!

じつは男性ホルモンの低下にともない骨密度が急激に低下することがあるのだ。

ところで、閉経を機にホルモンバランスが急激に変化する女性と違い、男性の場合、ホルモンの低下はゆっくり起こるのが通例だ。

そのために男性は骨粗しょう症になりにくいということが一般的にいわれている。

骨密度を単純比較すると、男性は女性よりも15年程度、骨密度の低下が遅くなるということだ。

しかし、これが当てはまらないケースが男性にもあるのだ。

それは男性ホルモンが著しく低下している場合、すなわち男性更年期障害である。

男性更年期障害とは!?

驚くことなかれ、男性にも女性同様、更年期障害による骨粗しょう症のリスクがあるのだ。

この男性更年期障害いわゆるLOH症候群になると男性ホルモンが著しく低下するので、性ホルモンによる骨量を守る効果が急激に失われてしまうのである。

そのために女性以上に骨粗しよう症が進行することもある。

LOH症候群は男性ホルモンの低下によって、生活習慣病など、さまざまな体の不調を引き起こすことが知られている。

さて、男性の骨粗しょう症には、女性にはない特徴がある。

それは高血圧、糖尿病、高脂血症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、腎機能低下(CKD)などの生活習慣病と合併しやすいということ

そしてこれらの生活習慣病は、骨の質を劣化させ、骨粗しょう症をさらに進行させるのだ。

さらに、酒の飲み過ぎや喫煙、栄養不足、運動不足なども骨組しょう症のリスク要因でもある。

そうしたことから、骨粗しょう症がある場合の骨折リスクは、女性の場合は健常な人の約2倍だが、男性の場合は約4倍にもなるという。

骨粗しょう症は女性の病気だなんて、無関心でいられない理由がお分かりになったことと思う。

男性の骨粗しょう症は、女性より骨折のリスクが高く、高齢者の場合は寝たきりにつながることが多い。

じつは男性こそ要注意の病気だったのである。

精力アップが将来の男の魅力をも上げる

将来、いくつになっても仕事に趣味にバリバリ現役で活躍する人になるか、はたまた寝たきり老人になってしまうのか。

一流の男と二流の男の分かれ目は、骨の健康にもかかっている。

「骨を制する男は人生を制する!」といっていい。

だからこそ精力アップに今のうちから取り組みそのリスクを下げていただきたいのです

精力アップにはマカエンペラーが効果的です!

是非マカエンペラーで精力アップすると共に将来寝たきりになるのを予防していきましょう!