精力アップにはマカエンペラーが人気ですが、

精力が減退してしまうと、実は男性ホルモン値も低下してしまうのはご存じだろうか?

そして、そんな男性ホルモン値の低い男は、何かとできない男が多い…

ここではそんな男性ホルモン値の低い男の特徴と、男性ホルモン値を上げるために効果的な食べものについてご紹介していこう。

 

デスクまわりが汚い男は、男性ホルモン値が低いという事実

男性ホルモン低値の人の共通点に、デスクまわりが汚い点があげられる。

うつやLOH症候群(男性更年期障害H男性ホルモン低下によって起こる諸症状)になると、部屋や会社のデスクまわりが片づけられなくなってくる。

片づけ下手の人は、男性ホルモンが低いかもしれないことを自覚してほしい。

できる男のデスクほど、すっきりと整頓されているはずだ。

デスクまわりがきれいだと、余分なものがない分、仕事への集中力や処理能力が高まる。

必要なものがすぐ取り出せるから、ストレスが少なく仕事のスピードも速まる。

職場でトラブルが起きてもすぐに資料を取り出して対応できる。

あなたの机は案外周囲からみられていて、仕事ができる男か、それとも残念な男なのか、ひそかに評価されているのである。

気持ちがもち上がらずにうつっぽいと感じる人は、まずはデスクまわりの片づけからはじめてみてはどうだろうか。

仕事で煮詰まったり集中力が低下しているときなども気分転換に片づけは効果的だ。

片づけの習慣をつける。

それだけでも、だいぶ男性ホルモンには有効である。

男性ホルモンを上げる最強レジピはこれだ!

ではそんな男性ホルモン値を食事で上げるためにはどんなものが効果的かご紹介していこう。

男性ホルモンアップには肉が良いとされているが、焼き肉がいいからといって、毎日焼き肉屋に通うというわけにもいかないだろう。

また、毎日肉だけ食べるというのも行き過ぎである。

健康を害し、かえって男性ホルモン低下をきたしかねない。

そこで、日本人にあったものとしてすすめたいのが、赤身の魚であるマグロとカツオだ。

マグロは、卜ロより赤身を。

カツオも血合いが多い部分などが効果的だ。

たとえば、カツオの刺身をたまり醤油に漬け込んで、薬味にすりおろしたニンニク、小口切りした青ネギをどっさりのせて、いりゴマをパラリとかける。

味もいいが、男性ホルモン的にも最高のレシピとなる。

マグロの刺身は、卵黄をのせて七味をかけ、嫌いでなければぜひ熟成キムチを混ぜて食べてほしい。

それだけでも、酒のつまみになるが、豆腐の上にかけて刻みのりをパラリ。これもうまい。

マグロは多めに買って小分けに冷凍しておけば、仕事から帰って何もないときに「男の3分クッキング」で手早くつくれるはずだ。

そのほか、毎日でも食べたい食材がキャベツとカリフラワー、クレソン、カイワレダイコンなどアブラナ科の仲間たち。

これらの食材は、男性にとっては女性ホルモンの働きを牽制して男性ホルモンを上げる効果がある。

そしてそれでも足りないと感じる場合は是非マカエンペラーで精力増強に取り組んでいただきたい!

このような食事と共にマカエンペラーを飲み、精力増強して男性ホルモン値を上げて行こう!