精力アップにはマカエンペラーをとお考えの方…。

精力をアップさせることは夜の性生活を充実させるだけでなく、男としての魅力を上げる事ができるのをご存知でしょうか?

魅力のある男=一流の男はその精力=男性ホルモンをマネジメントし、男としての魅力を保っているどころか、どんどん向上させているのだ。

ここではその男性ホルモン、すなわち「精力ホルモン」の事について基礎的な知識をご紹介していきます。

 

一流の男は「男性ホルモンのマネジメント」をしている

では、精力のキーワードとなる「男性ホルモン」とは何か。

男性ホルモンとは、ひと言でいえば「男らしさ」をつくるホルモンである。

男の見た目、筋肉や骨格をつくり、ひげや体毛を濃くするなど、「男らしい」と形容される男の体つきをつくり出すのは、男性ホルモンによるものである

こうした外見上の見た目と同時に、男性ホルモンは男脳といわれる「男のメンタル部分」 にも大きく作用する。

最近ではさまざまな研究から、男性ホルモンの値が高い男性は、「闘争心や冒険心が強い」「チャレンジ精神に溢れている」「リーダーになる素質がある」「自分を表現する高い能力を持っている」「人の心を掴むのがうまい」など、男の思考回路に大きな影響を与えていることがわかってきた。

ほかにも集中力や決断力など、一流のビジネスパーソンにとって不可欠な要素は、男性ホルモンの量によって大きく左右される。

男性ホルモン量は年齢で下がる!?

男性ホルモンは、分泌量に個人差はあるが、一般には20歳前後がピークとなり、その後は年齢とともに下がっていく。

男性は、女性と違って年齢とともになだらかに性ホルモンが減って、50代から下降の一途をたどるが、40歳前後になぜか、一時的にガクンと分泌量が落ちる「ホットスポット」が存在している。

40歳前後といえば中間管理職にあたる年代。

上下間の板挟みになっている中間管理者が少なくない。

ストレスフルな毎日を送っているせいか、「ひと晩寝ても疲れがとれない」「仕事のパフォーマンスが落ちてきた」といった悩みを抱える人が多い。

そういう訴えを持つ患者さんの男性ホルモン値を測定すると、男性ホルモンの量がガクンと下がっているのだ。

私はそんな現象を日々目の当たりにしている。

逆にいえば、ライバルに勝ち、社会的な地位を得るには、男性ホルモンを活発にすればいい、のである。

これを知っているかどうかで、ビジネスの質が大きく変わる。

男の人生を支配する「精力ホルモン」

男性ホルモン、すなわち「精力ホルモン」を味方につけている人は、ビジネスでもプライベートでもエネルギッシュに幸運を引き寄せているに違いない。

精力ホルモンは、ある意味、男の人生を支配しているといっても過言ではない。

そして、この精力ホルモンを活発にする方法は確かに存在する。

このサイトでは、男性ホルモンのマネジメント法も解説している。

あなたも、男性ホルモンを味方につけて、一流の男の仲間入りをしてほしい。