中高年にもなると年のせいもあり性欲が減少し、精力も減少してしまうようになってきます

そうなる原因としてあげられるのが男性ホルモン値の低下です

ここではそんな男性ホルモン値の変化が引き起こす症状と、健康状態を判断する為にはどういったところで判断すればよいかについてご紹介していきます!
 

男性ホルモンは男女の性欲を司る最強ホルモン。

もう何年も彼女がいない。最近は疲れがたまっていて女を口説くのも、セックスをするのも面倒になってきた。

思いあたる人は、確実に男性ホルモンが減っている。

男性ホルモンは、精子の生産量及び性欲をコントロールしている。

ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になるが、この視床下部への刺激物質が男性ホルモンで、男性ホルモン濃度の増量は性的衝動には必要不可欠なもの。

性欲を司る最強のホルモンが男性ホルモンなのだ。

おもしろいことに女性の性欲も男性ホルモンが司っている。

男性は精巣からの男性ホルモンの分泌が増え、ピークを迎える19歳ごろがいちばん性欲が強くなる。

一方、女性の場合、35歳を過ぎると女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンの働きが強くなる。

そのため35歳を過ぎるとろ性欲のピークを迎える。

35歳といえば、ちょうど、男性の性欲が減退してくるころにあたる。

ちょうどその時期、セックスレスカップルが目立つのは単なる偶然だろうか。

男女の性に対するすれ違いは、もしかしたらこんなところからくるのかもしれない。

女性の場合、精巣がないため、産生される男性ホルモンの量は多くても男性の1割~2割程度にとどまる。

この数字、妻の性欲を心配する夫の慰めになる?

「男の朝立ち」は「女性の生理」と同じ健康のバロメーター。

性欲以外にも男性ホルモンが減っているかどうかのひとつの目安になるのが、いわゆる「朝立ち」の頻度である。

いうまでもないが、朝立ちはあくまで機械的な勃起で、性欲や性的興奮とは関係ない。

一般的に、起床時の勃起現象を「朝立ち」と呼んでいるが、正式には「夜間陰茎勃起現象」という。

朝立ちなのになぜ「夜間」なのか不思議に思うかもしれないが、実は朝立ちは、睡眠のメカニズムと深い関係があるのだ。

私たちは眠っている間、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を、約90分サイクルで繰り返している。

このうちのレム睡眠のときに、生理的な勃起が起こることがわかっている。

一般に朝は、たいてい浅い眠りのレム睡眠から目覚めるので、朝の勃起いわゆる朝立ちを目にするととになる。

ちなみにノンレム睡眠中に目覚めたときは、勃起は認められないので「朝立ち」がなくても心配はいらない。

しかし、前は朝立ちしていたのに、最近はめったに朝立ちしない。

勃起力が落ちている、性欲も減退しているというのであれば、男性ホルモンが低下している可能性がある。

そのほか、睡眠や過度なストレスも朝立ちに影響するが、内臓脂肪肥満や糖尿病から動脈硬化がすすんでいるときにも朝立ちが消失するので注意が必要だ。

朝立ちは、良質な睡眠が確保できて十分な男性ホルモン量があること。

また、動脈硬化が進んでいないといった条件が揃って起こるものだ。

たかが朝立ちと思うなかれ。

朝立ちは「生きている実感」を与えてくれるだけでなく、男の健康のバロメーターでもあるのだ。

ぜひ朝、起きたら下半身の確認を。