精力の強い男は何かと「できる男」というイメージが強い。

それは気のせいではなく「男性ホルモン」の影響で男が男としての魅力を上げてくれるからだ。

マカエンペラーはそんな精力アップに効果的と話題の精力剤だが、夜の生活の改善だけではない「男としての魅力」をもあげてくれる品物なのだ。

ここではそんな精力と男としての魅力。

すなわち「精力の強い一流の男」と「精力の弱い二流の男」との違いについてご紹介していこう。

マカエンペラーで活力アップすることがどのような男になれるきっかけになるのか?

ここで知っていっていただきたい。

 

なぜ仕事ができないかというと、それはあなたが「精力が弱い」からでしょう。

英雄というものは、力があふれでいるため女色を好むものだ。

日本のことわざにある「英雄色を好む」は、医学的に見ても真実である。

昔もいまも仕事のできる男は、精力が強く、夜遊びも激しいものだ。

あなたのまわりにもいないだろうか。

膨大な仕事をこなしても疲れた顔ひとつ見せず、夜も元気に飲みに行き女遊びにも手を抜かない。

休日はマラソンやトライアスロン、自分磨きの勉強会と、何事においてもアクティブな「精力の強い男」が!

そして、そういう男ほど、人一倍仕事で成果を上げているはずである。

東京・代官山にある私のクリニックには、土地柄もあって芸能人や30代~50代のビジネスパーソンが多く訪れる。

彼らの多くは、なんだかわからない疲労感や倦怠感を訴え、「この疲れをなんとかしたい」と悲痛な形相で私に迫る。

この記事をご覧になっているあなたも同じではないだろうか?

毎日疲れてやる気が起きない、気力がわかない、大事なときになかなか決断できない、仕事でのミスが多い。

さらには、妻との夜の生活も疎遠になった、彼女と会うのもめんどうだ、そのせいで夫婦(彼女との)関係が、ぎくしゃくしはじめている・・・。

そうした疲労感や倦怠感の原因は明白。

それはあなたの「精力が弱い」からだ。

もっといえば、精力が弱っているから、すべてがうまくいかないのだ。

「精力とは」男が男であるための必須能力!

「精力」というと、セックス方面の「性力」ぼかりが強調されるが、本来は、「ものごとを成し遂げる力、スタミナ、活力」などの意味がある。

ちなみに「精力絶倫」という言葉は、「元気がよくて活動的なこと。行動力が人並みはずれて旺盛なこと。そのような人」ということである。

まさに我々が求める「一流の男」 ではないだろうか。

だれもが認めることだが、精力はないより、あるほうがいいに決まっている。

もし精力をつける方法があるなら、ぜひ実践したいと思うのが男の本音だろう。

メンタル面も含めたからだ全体の状態が、活力に満ちあふれでエネルギッシュな人・・・

仕事もバリバリとこなし、颯爽として自信に満ちた風貌と身だしなみ、いかにも女性にそテそうだ。

心身の疲れが仕事のパフォーマンスに大きな影を落とす

男は元来、ほとんど弱音を吐かない動物だ。

多少の体の不調には目をつぶって、「なかったこと」にしようとする。

それは太古の狩猟採集の時代から、男は女や子どもを養うために食料を確保する役割を果たしてきた遺伝子の記憶がそうさせているのかもしれない。

弓を背負って、槍を持って勇ましく出かけ、イノシシの一頭も仕留めて肩にかついで帰ってくるのが男の仕事である。

「今日はだるいから、集中力が落ちているから狩りはやめておこう」というわけにはいかないのだ。

だから男という生き物は、不調があっても、それを「気のせい」だったことにして狩りに行っていた。

そうやって人類の歴史を刻んできたのだ。

それは現代も変わらない。

多くのビジネスパーソンは、多少の気分の落ち込みや、疲労、倦怠感があっても、気にしないふりをしようとしているのだ。

しかし!である。

それで仕事のパフォーマンスが著しく落ちていたらどうだろうか。

決断力や集中力がなくなって、ミスやトラブルが増えてくれば、「あいつは戦力にならない」という評価も受けかねない。

心身の不調の影響は家庭にも及ぶだろう。

夫婦問の性生活が疎遠になったり、イライラが募って、家族に当たり散らす。

家庭はギクシャクして、そのストレスがさらに仕事に影響を及ぼす。

まさに悪循環に陥るのだ。

不調が一時的なものであれば、目をつぶってやり過ごすこともできるのだろうが、慢性的な不調はいずれ爆発するだろう。

こうした場合でも、「精力が弱い」状態だと休養という決断ができやす、不調は蓄積するばかりでいっこうに解消されない。

結果、体が悲鳴を上げ、仕事どころではなくなるのだ。

「精力の強い男」は一流である

一方、「精力が強い」状態の場合、決断力があるから、体の不調を素直に受け止めて、休養という選択をする。

結果、心身は以前の元気を取り戻し、仕事のパフォーマンスを取り戻すということになる。

男の生活はすべて「精力の強い・弱い」で判断できるといっても過言ではない。

一流の男とそうでない男を決定する精力。

どうすればそのような「精力絶倫男」に生まれ変わることができるのか。

そのカギを握るのが、精力の源になるもの・・・すなわち男が男であるために必要な「男性ホルモン」である。

「精力ホルモン」といいかえてもいいかもしれない。

その「精力ホルモン」を上げる事で一流の男になる第一歩を踏み出せるのだ!

だからこそ、是非マカエンペラーで精力アップに取り組み一流の男を目指していっていただきたい!